転職体験談物語

工場転職に悩みは付き物。
そんな悩みを少しでも共有しませんか?

詳細はこちら

障害者が就職できない!そんなときには就労サービスを!

就労サービス

F木さん
実は私、発達障害があってなかなか就職できないのですが、これからどうすれば良いのでしょうか?

陣ジィ
発達障害をはじめとする障害者支援は良くなってきていますよ。民間でも就職を斡旋するようなサービスもありますし。

F木さん
そんなサービスがあるんですね。
就職してもなかなか続かないかもしれないという不安もあるのですが・・・

陣ジィ
それは障害者とか関係なく、みんな不安の中で前に進んでいます。
それに、そういう不安に対してもケアしてくれるサービスがあるので安心してください。

F木さん
そんなサービスがあるんですね。

現代は多様性を重んじる時代です。したがって、障害者支援のサービスに関しても手厚くなり、様々なケースに対応できるようになってきました。特に、世間一般には理解しづらい障害を持っている方にとっても利用しやすいサービスが増えてきています。

というわけで、今日は

障害者が就職できない?そんなときはこのサービスを!!

というテーマを取り上げてみたいと思います。障害者向けの就職支援サービスは年々増えていますが、今回はその中から大阪に特化したサイト「就労移行ナビ」を紹介しましょう。

障害者 就職 できない

障害者と言っても色々な方がおられます。身体的な障害の方もおられますし、発達障害の方や精神障害の方も。実は多くの障害者の方は

  • 就職できない
  • 就職しても続けられない

という大きな問題を抱えておられます。その主な理由として考えられることは次の3点です。

  • 自分の障害について理解していない
  • 周囲の理解がない
  • 自分の障害に向かない仕事

もう少し詳しく見ていきましょう。

障害者の就職は障害について理解しよう!

障害者の場合は就職する前に自分の障害について理解しておく必要があります。たとえば次のようなことです。

  • どのような障害か
  • できる作業
  • できない作業・苦手な作業

できれば、それぞれの項目について具体的に示せるとより良いでしょう。どのような仕事にマッチングできるかということを知るためにも、自分自身が知っておかなければならないことです。

障害の理解ができていなければ就職することも難しいのですが、就職してからも上手く行かないことになります。

障害者の就職は周囲の理解を得なければならない

障害者の就職で壁となるのが、周囲の理解です。前述したような、何ができて何ができないかということをある程度明確にしておかなければ、人間関係でのトラブルの元となり得ます。

また、職場での採用や配属に対して写真一人ひとりが理解し、企業の目指す姿を見据えることも必要です。

障害者に向いてる仕事・向かない仕事

障害者の向いている仕事と向いていない仕事があります。それは、前述した自分の障害のことを知ることで自ずとわかってくることです。それぞれの特性があるので一概には言えませんが、得意なことと苦手なことを切り分けましょう。

そのうえで、どのような仕事が向いているか、どのような仕事に向いていないかということを理解してください。

たとえば、発達障害の方に多いのが、

  • マルチタスクが苦手
  • 突発的な処理が苦手

という場合です。しかし、種によっては、マルチタスクが必要な場合、突発の対応が必要な場合などがあります。したがって、このような仕事には向いていません。他にも色々な場合が考えられるので、それぞれに適合した仕事を見付ける必要があります。

障害者が就職できないときには就労サービスを!

障害者と言っても、その障害には様々なものがあります。したがって、障害者の就職にはその障害自体を理解することからはじめてください。

そして、重要なのは信頼できる就労サービスを利用することです。たとえば、大阪周辺にお住まいの方におすすめしたいのが、大阪エリアの就労移行支援情報メディア 就労移行ナビです。

就労移行ナビはよくある就職斡旋サイトではありません。あなたの得意・不得意に応じた仕事を選ぶことができるサービスです。大阪周辺にお住まいの方は是非一度サイトを御覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました